大阪市内又は京都/奈良でも開催中!

地味女子だって似合う色とデザインでオンリーワンのマイナス7歳美人に変身し思い通りの未来を手に入れる!

ご予約可能スケジュール・開催状況はこちら

歳を取ったら自分らしさを諦める?洋服選びと年齢の関係

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大阪市内を中心にイメージコンサルティングを行っております。 パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果からメイクも含めトータルで貴女に似合うファッションをアドバイスし、貴女ならではの美しさを引き出します。
詳しいプロフィールはこちら

 

「もう〇〇代だから」

「主婦だから」

「子供がいるから」

「〇〇世代だから」

「アラサー、アラフォーだから」

などなど・・・

年齢や自分の立場で着るものの傾向を変えないといけないとか、今までと一緒でいいの?と悩む方も多いと思います。

ですが、年齢や立場が変われば、本当にファッションの傾向もその年に相応しい(と思われる)様に変えた方が良いのでしょうか?

 

今回は、洋服選びと年齢の関係についてお届けします。

 

 

年齢で選ぶ服はガラッと変えた方が正解?

『結論から言うと「NO」です。』

 

先日50代のクライアントさんの同行ショッピングでデパートへ行ったのですが、

年齢の事はあまり考慮に入れず、似合う色とデザインのものかどうか?を基準に見て行くと、やはり直ぐにお似合いの物が見つかりました。

逆に同年代の方が行かれてそうな(年齢に相応しいと思われる)お店に行ってみると、予想した通り、見事にお似合いの洋服は全然見つからなかったんですね。

因みにクライアントさんのパーソナルデザインは「キュートタイプ」でした。

 

 

年齢は若くても・・・

 

前述と逆のケースも然りです。

つまり、20代前半の方でも仮にパーソナルデザインが「ナチュラルタイプ」や「グレースタイプ」又は「ファッショナブルタイプ」だとしたら、若い世代向けのキュートな傾向のブランドへ足を運んでも、おそらく似合う服は見つからないでしょう。

 

年齢と共に体形が変わってきたりしますので、ある程度年齢に沿った洋服、つまりその時の自分の体形にピッタリ来るものを選ぶ必要はありますが、

基本は、パーソナルカラーとパーソナルデザインに当てはまっているか否か?

つまり自分に似合うかどうかを基準に、ブランド等にこだわらず少し視野を広げて探す事が、一番自分らしく、自分に相応しい洋服に出会える確率が高いと言えます。

 

それが出来るようになるには、まず自分に似合うファッションはどんなものか、具体的に知る事からですよ!

 

『貴女は運命の一着とも言える様な自分にピッタリの洋服を持っていますか?』

『今日も最後までお読み頂き有難うございました。』

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
大阪市内を中心にイメージコンサルティングを行っております。 パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果からメイクも含めトータルで貴女に似合うファッションをアドバイスし、貴女ならではの美しさを引き出します。
詳しいプロフィールはこちら