2017/09/25

パーソナルカラーやパーソナルデザイン診断を受けるきっかけ

 

この記事を書いている人 - WRITER -

関西を中心に出張でイメージコンサルティングを行っております。
パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果から、貴女に似合うファッションをトータルでアドバイスし、貴女ならではの良さを引き出します。

詳しいプロフィールはこちら

 

いつも有難うございます。

イメージコンサルタント今井です。

 

イメージコンサルティングを受診されるきっかけは、人によって様々ですが、今回はワリとよくある動機をご紹介します。

 

1. 以前受けたパーソナルカラー診断の結果がしっくりきていないので、正しい結果が知りたい

誤診されている方は実は沢山いらっしゃいます。

診断受けたけど、結局まだどんな物を身に着けたら良いか分からず迷い続けてらっしゃるわけです。

それなら、受けない方が良いのでは?とか、パーソナルカラーなんて所詮いい加減なものと言う方もいるくらいです。

ですが、私のところで診断を受けられて、正しい結果を知って、皆さんとても満足して笑顔で帰って行かれます。

私が「誤診しないパーソナルカラー診断」を学び、そしてそれを仕事としてやっていて本当に良かったな、と思える瞬間です。

そう言えば私もジプシーになってるかも?と思った貴女は私に会いに来て下さいね。

 

 

2. パーソナルカラーは以前から知っているし受診もしたことあるが、パーソナルデザイン診断は受けたことがなく、このブログを見て初めて知って興味がわき受診してみたいと思った

パーソナルデザインについて知らない方はまだまだ沢山いらっしゃいますし、骨格診断と一緒だと思ってらっしゃる方も多い様です。

それだけ、未だ全国的にパーソナルデザイン診断が出来るサロンが少ないのでしょう。

骨格診断はタイプ分けが少ない為、カラーだけでなくそちらの方でも誤診?に近い様な診断をされたというお声もちらほら聞きます。

パーソナルカラー診断をしてそのタイプで、性格分析をしたり、その色のイメージで似合うデザインのアドバイスをしたり・・・というサロンもまだまだある様ですが、それで先程あげた1.の方達が増えるワケですね。

というわけで、カラーもデザインも正しい結果を知って、迷いたくない貴女は私に会いに来て下さいね。

 

 

3. 単に自分に似合うものが知りたい(今後のおしゃれの参考にしたい)

一体自分はどんなタイプなのか?何が似合うのか?

客観的にプロに見てもらって知っておきたい方も沢山いらっしゃいます。

自分のタイプを知っておく事、と言ってもここでは、外見のみだと思われるかもしれませんが・・・、

外見を自分らしくするという事は、視覚的に信頼を得るという事にも繋がりますから、その後の人間関係にも繋がっていきます。

もちろんおしゃれに迷わなくもなりますので、一石二鳥ですね。

 

 

4. 婚活を始めようと思っている為、似合うものを知って綺麗になって自信をつけたい

何か、変わりたい!という大きなきっかけがない限り、似合うファッションが何か?を改めて知ろうと思わないかもしれませんが、人生においてのここぞ!という時はもちろんの事、知っていると日常でも役に立つ事は多いですよ。

 

 

 

まとめ

 

その他にも動機は様々ですが、何がきっかけにしても、一度受診すればその後の人生のあらゆる場面で役に立つことは間違いありません。

受診すること自体は(誤診がなければ)一生に一度で良いわけです。

何度もサロンなどへ通い続けなければいけないわけでもありません。

(エステはこれが必要ですね)

 

自分を知る事って、自分の欠点も明らかになったりするからちょっとコワイな・・・と感じられるかもしれませんが、その逆で、欠点よりも自分の良いところ、活かしたほうが良いところがどんどん出てきますので、楽しいですし、良い意味でテンションが上がりますよ。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

関西を中心に出張でイメージコンサルティングを行っております。
パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果から、貴女に似合うファッションをトータルでアドバイスし、貴女ならではの良さを引き出します。

詳しいプロフィールはこちら