おしゃれ迷子の貴女が最後にたどり着き一生着るものに迷わなくなるイメージコンサルティング

【大阪・奈良・京都】 出張イメージコンサルティング  ≪パーソナルカラー&パーソナルデザイン診断・パーソナルメイク・同行ショッピング≫

おしゃれの鉄則 地味女子だってオンリーワンの美人になれるブログ

地味・老けた?!なんて言わせない為にするべき3つのこと

 

「若いころみたいに明るい色ばかり着て無理してるなんて思われたくない」

「ちょっと落ち着いた大人っぽい雰囲気も憧れる」

「ベーシックな色も着こなせる様になっておきたい」

などなど・・・、
こんな理由から、ちょっと落ち着いた色の洋服を着たとたん「地味ね~」「老けた?!」
なんて思われたくないですよね。

そんなこと言わせない為にするべき3つのことを書いてみました。

 

 

1.ヌーディーな色ばかりでコーディネイトしない

特にベージュのみで全身をコーディネイトしていると、オバサンくさいと見られる傾向にあるようです。

ベージュや淡い色が似合う、お気に入り、という方も全身をその色でコーディネイトせずに濃いめの色でキリっと引き締めるなど
濃淡のグラデーション使いでコーディネイトするようにしましょう。

 

2.花柄、ヒョウ柄などの柄モノは広範囲に使わない

柄モノは、それが流行っていたらつい着たくなる気持ちは分かりますが、似合っていなければ即「オバサン」認定されてしまいます。

だからといって、大人女子の皆さんは柄モノは止めましょうとかそういうことではありませんよ^^

柄モノはどこにどの程度使うか?や、そもそもその柄自分に似合っているの?!

というのは、パーソナルデザインの診断で分かります。

柄モノが似合っているか自信がない、或いは、柄モノ着ている時は褒められ率が極端に少ない・・・

なんていう場合は、そもそも柄モノがあまり似合わないタイプのパーソナルデザインに当てはまるのかもしれませんね。

そういう場合は、柄モノを多用するのは控えた方が良いでしょう。

小物などで少し取り入れるくらいにすることをおススメします。

 

3.ベーシックな色ばかりでまとめない

例えば「黒・グレー・茶」「黒・ベージュ・茶」「黒・白・ベージュ」

などの様に、ベーシックな色どおしのコーディネイトをしている場合は、やはり地味に見られがちです。

オフィスでの服装等、TPOを考えてコーディネイトする場合は無理もないことかもしれませんね。

ベーシックな色ばかりになってしまった時は、明るい色の入っているスカーフを合わせる等してみて下さい。

出来れば、ベーシックな色ばかりでコーディネイトするのではなく、

「黒・グレー」を使うなら、あと一色はブルー、パープル、またはピンク系の色をもってくる。

「ベージュ・茶」を使うなら、あと一色は、カーキ、オレンジ、マスタードなど。

「黒・白」を使うなら、あと一色は明るいブルーやグリーン、赤

・・・などなど、ほんの一例ですが、こんな感じの合わせ方がお薦めです。

更に、ご自分に似合う色が分かっていたら、どんな色を合わせたら良いか迷うことがないですね。

どんな場面でも、やはり似合う色を知っていると役に立ちます。

ですので、もっと多くの女性に知っていただけたらな~っと思うわけです。

 

 

似合う色や自分らしいファッションを知ったら、「地味」とか「老けた」なんて思われないばかりか、センス良くなったと逆に褒められることが増えることと思いますよ☆彡

 

 

 


 

【Mail Letter】への登録はこちらをクリックして下さい。
メルマガ読者の方限定の割引きがございます。詳細はご登録後にチェックして下さいね。

 

-おしゃれの鉄則, 地味女子だってオンリーワンの美人になれるブログ
-,