2017/10/27

パーティーやフォーマルな場面で上品になる!おしゃれのコツとは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

関西を中心に出張でイメージコンサルティングを行っております。
パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果から、貴女に似合うファッションをトータルでアドバイスし、貴女ならではの良さを引き出します。

詳しいプロフィールはこちら

 

イメージコンサルタント 今井 信子です。

友人の結婚式に参列する時、それ以外のパーティーにお呼ばれする時、ちょっとあらたまった場所での食事会に行く時、などなどフォーマルな装いをしてお出かけする時に、簡単にしかも格段にセンス良くなる!コーディネイトのコツを、今日はお届けします。

 

その1. 色を3色以内にまとめる

 

全身のコーディネイトの色を3色以内でコーディネイトしてみて下さい。

いくらベーシックで上品な色でも、たくさんの色を使用すれば、ガチャガチャした統一感のない感じになってしまいます。

英国王室のキャサリン妃は、いつも上品でスタイリッシュなファッションが話題になっていますが、見ていると大抵、色は3色以内に収められてます。

 

貴女がもし似合う色を知っていて、似合うグループの色ばかりでコーディネイトしていたとしても、沢山の色を使いすぎると少し上品さを欠いてしまいますので、使う色の数にはご注意下さいね。

 

 

 

その2. 靴とバッグを同じ色で統一する

 

その1で全身3色以内にまとめるのがポイントと言いましたが、では何と何の色を一緒にしたら良いか?!

更に突っ込んだところまで言うと、靴とバッグの色を揃えるのがおススメです。

ちょっと質の良い物をそれぞれ一つ持っておくと、様々な場面で長~く使えて重宝することと思います。

 

で、その靴やバッグはもちろんベーシックな色にしておく事をおススメします。

ベーシックな色と言えばやはり「黒」

どのパーソナルカラーのタイプの方でもフォーマルな場面で使える持っておいて損はない色です。

コーディネイトが黒で引き締められますし、フォーマル感が出る色ですのでおススメです。

 

 

ベーシックな色の靴とバッグを買うなら?

靴やバッグの小物を購入されるのならば、長く使うものでもありますので、あまり安物にせず品質の良いものを選びましょう。

黒のスーツなんかもそうですが、沢山の方が黒を着て来られるであろう場面では特に、安物だと素材感の違いが目立って、ちょっと見劣りしてしまう恐れがあるからです。

 

 

ベーシックな靴やバッグは黒以外はダメなのか?

黒以外はダメなのか???っというと、全然そんな事はなく、それぞれのパーソナルカラータイプ別に「どの色とでも合わせやすい無難な色」(ニュートラルカラー)というのがあります。

このニュートラルカラーは、各パーソナルカラーのタイプに約7色ずつあるので、それらの中にある色で揃えておくのも凄くおススメです!

ニュートラルカラーの方が黒よりおしゃれにキマる可能性は大!ですよ。

おしゃれに見られるだけでなく、上品にも見られますから一石二鳥ですね。

 

 

最後に

 

どうでしたか?

フォーマルな場面でセンスアップした装い貴女は出来そうですか?

色のバランスを考えるという事と、やはり基本「自分にどんな色が似合うか?」知っておく事が何より大事です。

自分が似合うニュートラルカラーが知りたい!と思った貴女は、一度診断を受けてみて下さいね。

思った以上に様々な発見があるかもしれませんよっ。

 

メルマガからのお申込みがお得ですので、まずは下記よりご登録くださいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

関西を中心に出張でイメージコンサルティングを行っております。
パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果から、貴女に似合うファッションをトータルでアドバイスし、貴女ならではの良さを引き出します。

詳しいプロフィールはこちら