2017/09/07

似合わない色は使えないわけではない!2つの理由

 

この記事を書いている人 - WRITER -
関西を中心に出張でイメージコンサルティングを行っております。 パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果から、貴女に似合うファッションをトータルでアドバイスし、貴女ならではの良さを引き出します。
詳しいプロフィールはこちら

 

似合わない色より、似合う色でコーディネイトした方が、そりゃ何倍にも美しくみられたり、印象良く見られたりするから良い! に決まっているワケですが

じゃあ、今まで買った似合わない色の洋服やバッグ、その他の小物類も、一切使っちゃいけないの?

っというとそういうワケでもありません。

 

例えば・・・、

理由その1.

 

色は合っていなくても、デザインがピッタリ自分に合っている場合

こういう場合は、色を外していてもそんなにおかしくなく着られたりします。

得意な色のアイテムとのコーディネイトをすると、結構使えますので試してみて下さい。

それから、顔から遠い位置、ボトムスや靴などは特に、色を多少外していても顔色に影響はないので大丈夫です。

 

 

理由その2.

 

今日は「目立ちたくないな~」とか「仕事が終われば早く帰りたい」「会議等で当てられたくない」という場合

こういう日は、敢えて!似合わない色を着ていってください。

ただし悪目立ちするような派手な色等は避けましょうね。

似合わない色の影響を利用して、自分の存在感をワザと消してしまいましょう。

何か断わったりしても「この人ならしょうがないかな・・・」と思われて、面倒な事を回避しやすいかも?!しれませんよ。

 

男性の方なら特に、”上司のお見舞いに行く時”は似合わない色を敢えて身に着けていくことをおススメします。

バリバリ出来る男の格好をして行ったら、相手にどう思われるか分かりませんからね・・・。

旦那さんや彼氏にそう教えてあげるとイイかも?!しれません。

 

最後に

 

こんな風に、似合わない色のアイテムだって結構使える場面がありますので、処分する前に少し立ち止まって考えてみて下さい。

そもそも自分に似合うものを知っておきたい貴女は私に会いに来て下さいね。

 

お申込みはメルマガからがお得です。まずは下記よりご登録下さい。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
関西を中心に出張でイメージコンサルティングを行っております。 パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果から、貴女に似合うファッションをトータルでアドバイスし、貴女ならではの良さを引き出します。
詳しいプロフィールはこちら