2017/10/11

ドラマでパーソナルデザイン診断「とと姉ちゃん」編

 

この記事を書いている人 - WRITER -
関西を中心に出張でイメージコンサルティングを行っております。 パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果から、貴女に似合うファッションをトータルでアドバイスし、貴女ならではの良さを引き出します。
詳しいプロフィールはこちら

いつも有難うございます。

イメージコンサルタント 今井信子です。

 

朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」より、出演している役者さん達のパーソナルデザイン診断をお届けします。

常子が出版社に入ってから、またキャラの濃い人達に囲まれていて、今後の展開が楽しみですね。

 

 

 

●小橋家

小橋常子役、高畑充希さん=キュートタイプ<ボーイッシュ&ガーリッシュ>

元気が良くて小柄で垢抜けた印象の高畑さん。

CM等多数出ておられ、この方を見ない日はないというくらいですが、過去にミュージカルでピーターパン役をされていた事もあり、それがはまり役でしたね。

(歴代のピーターパン役の方は殆どがキュートタイプです。)

ショートカットでも垢抜けた感じでお似合いですし、ロングにしてパーマをかけたり、ちょっと個性的なヘアスタイルにされるのもこの方らしくて素敵です。

こういうタイプの方はどこからどう見ても、キュートタイプと言えますね。

いくつになっても「可愛らしいですね」と言って褒められたり、周囲が守ってあげたくなるようなタイプだったりします。

 

 

常子の父 小橋竹蔵役、西島秀俊さん=グレースタイプ

西島さんは「男前だからロマンスじゃないの?」と思われる方が多いかもしれませんが、髪形は長めにするよりスッキリと整え、髭も伸ばさないほうが、上品な雰囲気でカッコイイですね。

だから、この方は汚れ役は似合わないと思います。

 

常子の叔父 小橋鉄郎役、向井理さん=ロマンスタイプ

向井さんは背も高いですし、ナチュラルタイプかも?もしくは、真面目な感じのきちんとした格好も似合うから、グレースタイプ?と思われるかもしれませんが、この方はロマンスタイプです。

甘いマスクと優しそうで物腰の柔らかい雰囲気、まさしく「ロマンスタイプ」ですね。

 

 

●帝大生 常子の初恋のお相手

植物を愛する星野武蔵役、坂口健太郎さん=ロマンスタイプ

今や若い世代のイケメンの代表格の様な感じの方ですね。

身体の線が細い感じや、上質なスーツを着ると品のあるところなど、この方は文句なしに「ロマンスタイプ」です。

 

 

●青柳商店

 

祖母 滝子役、大地真央さん=キュートタイプ<ボーイッシュ>

大地さんは、かつて宝塚で男役をされていた事もあるので、背が高くて大きなイメージがあるので、ファッショナブルタイプでは?

と思われるかもしれませんが、舞台でお姫様の格好をされていたり、バラエティ番組に出られた時など、しゃべり方がキュートで可愛らしい印象の方が勝っています。

かっこいい格好をされるより、キュートさを出された方がこの方らしく素敵ですので、大地真央さんは「キュートタイプ」因みに「ボーイッシュ」であると言えます。

ちょっと意外かもしれませんが、「背の高さだけでは決まらない」というのもパーソナルデザイン診断の特徴です。

 

番頭 隈井栄太郎役、片岡鶴太郎さん=ハイスタイル

小柄で蝶ネクタイが似合うタイプ。

でも頼りがいのあるイメージもありますね。

元々お笑い芸人というのもありますが、コミカルな演技をされていると、はまり役だなっと感じます。

という事で片岡鶴太郎さんは「ハイスタイル」です。

 

 

●仕出し屋 森田屋

大女将役、秋野暢子さん=ファッショナブルタイプ

背が高く、存在感のあるタイプですね。

あっさりしたシンプルな格好をするより、大き目のアクセサリーや大きな柄の入った洋服など、何処かにインパクトのある様な格好をされる方が素敵です。

ベリーショートの髪型が良くお似合いです。

以前、髪が長かった時は前髪を真っ直ぐ(パッツン)にカットされてて良くお似合いでした。

というワケで秋野暢子さんは「ファッショナブルタイプ」です。

 

 

●出版関係者

 

花山伊佐次役の唐沢寿明さん=グレースタイプ

最近は、個性的でクセのある役どころも多いですが、髪形をキチンと整えて、スーツをビシッと着ている姿が上品でカッコ良いですね。

唐沢寿明さんは「グレースタイプ」。

 

出版社の編集長 谷誠治役、山口智充さん=ファッショナブルタイプ

豪快な編集長がハマリ役ですね。

目つきが鋭く、ちょっとクセがあって豪快な役をやっても違和感がなく、ダブルのスーツがお似合いになります。

というわけで、ぐっさんこと山口智充さんは「ファッショナブルタイプ」に当てはまるでしょう。

 

出版社に勤める五反田一郎役の及川光博さん=ロマンスタイプ

及川さんは、元々王子様キャラですね。

このドラマの中では女好きな遊び人風の雰囲気がハマリ役です。

というわけで、ミッチーこと及川光博さんはまさに、ロマンスタイプです。

 

 

まとめ

今回は、一気に10人の俳優さんのパーソナルデザイン診断をお届けしました。

この方は何タイプかな?!という目でドラマを観るとまた別の楽しみがあって面白いですよ。

貴女や、貴女の周りの方のパーソナルデザインが気になった方は、ぜひ診断にお越しくださいね。

骨格診断を受けたけれど、それも違う気がして着るものに迷い続けてらっしゃった方が、パーソナルデザイン診断を受けて、長年の悩みを一気に解決された!という事例もありましたよ。

貴女もサクっとお悩み解決しておきたくないですか?

 

 

コンサルティングお申込みはメルマガからがお得です。まずは下記よりご登録くださいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
関西を中心に出張でイメージコンサルティングを行っております。 パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果から、貴女に似合うファッションをトータルでアドバイスし、貴女ならではの良さを引き出します。
詳しいプロフィールはこちら