2017/07/27

歳を重ねる程に重要な位置を占めるものとは?!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
関西を中心に出張でイメージコンサルティングを行っております。 パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果から、貴女に似合うファッションをトータルでアドバイスし、貴女ならではの良さを引き出します。
詳しいプロフィールはこちら

 

似合う色を知っておしゃれになりたいとか綺麗になりたい!って思う方は多いと思いますが、色を似合う色で統一していても今一つ、パっとしてないかも?!・・・

こんな風に感じることはありませんか?

実は最近まさに、私自身が感じた事なんですが^^;

大抵、色は完璧に全身、似合う色でコーディネイト。

お店で服を選ぶ時にも、とにかく色はハズさないように!ここは私のこだわりポイントだから!

なんて思いながら選んでます。

でも、凄く印象良く見られている時とそうでもないときの差が、割とあるなっと感じたんですね。

どうしてそんな事になるんだろう色はいつもハズしてないはずなのに・・・

ということで、一度冷静に分析してみたところ、やっぱりコレかぁ~っと腑に落ちました!

イヤ、言い訳するわけではないんですが、決してコレの存在を忘れていたわけではないんですよ。

さて、その正体は?!?!

答えは「パーソナルデザイン」つまり、「自分に似合うデザイン」の事ですね。

分かってるつもりでも、デザインの選び方、これ結構ブレてしまうこともあるんですね。

それは、流行りの影響があったりもするのですが

自分の年齢的な事や自分の今の立場、それから、どう見られたいか?など

考えつつ選ぶ必要もあるワケですが、そこを明確にせずに洋服を選んだり買ったりしているとブレてくる様です。

 

ブレない洋服の選び方とは?

じゃあ、ブレない為にどうしたら良いの?

というと、「オオモトの場所」つまり自分の似合うデザインってそもそもどんなだっけ?

という基本のところに戻れば良いんです。

どんなデザインだったか?見直したら、それを徹底的にハズさない様にするっていうことがやっぱり一番近道で一番最強の方法なんですね。

その上で、今の年齢の今の自分がどう見られたいか?など考える。

色も勿論大事ですが、デザインは結構見落としがちなので、強く意識することが重要です。

 

最後に

結論として、年齢を重ねる程にデザインは自分に似合う物をキチンと選んだ方が良いです。

どこまで、似合うデザインにこだわって選ぶか?!

おしゃれかどうかの決め手はここにかかっていると言っても過言ではありません。

ですので、色と同じく若いうちは少しくらいハズしていても、まぁそれで良かったものが、歳を重ねる程に益々そうも言ってられなくなります。

違和感が出てくるんですね。

なので”デザイン”もじっくり似合う物を厳選して買う事をおススメします。

 

自分に似合うデザインもきちんと知って、歳を重ねても若々しく垢抜けたおしゃれをしていたい!
そんな貴女におススメのメニューはこちらです

お申込みはメルマガからがお得です。まずは下記よりご登録下さいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
関西を中心に出張でイメージコンサルティングを行っております。 パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果から、貴女に似合うファッションをトータルでアドバイスし、貴女ならではの良さを引き出します。
詳しいプロフィールはこちら