2017/08/11

パーソナルカラーの種類は多い方が分かりやすい?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

関西を中心に出張でイメージコンサルティングを行っております。
パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果から、貴女に似合うファッションをトータルでアドバイスし、貴女ならではの良さを引き出します。
⇒ 詳しいプロフィールはこちら

今井 信子

 

パーソナルカラーのシーズン、12に分かれていたり、8つに分かれていたり・・・

と、多いサロンもあれば少ない分類で診断しているサロンもあって、いったいどちらがどうなのか?

受ける場所によってシーズンや、診断の仕方(道具)がバラバラなのは分かりにくいですよね・・・。

それじゃあ、カラー診断を受ける時のサロン選びも迷ってしまうわね。

コンサルタントN

「ウチはシーズンが他と違って12個もあるんですよ!多いでしょ」

って言われると、何だか種類が豊富でその方がお得なのかな?

なんて感じてしまうかもしれませんね。

 

パーソナルカラーの種類が多いとはどういう事?

パーソナルカラーの種類が多いという事は、それだけそれぞれのシーズンに含まれる色の種類が少ないという事になりますね。

という事は、種類が少ないよりも多い方が、実際使える色も少なく、制限されてしまうという事です。

 

え~!それじゃ困ります・・・

ヨシコ

 

確かに困りますね。

 

「もっとおしゃれになりたい!」「洋服を変えて自分らしく綺麗になりたい!」っていう想いでパーソナルカラーを受診しに行ったのに、使える色が制限される様では、その後何か得があるの???
って思ってしまいます。

ヨシコ

ごもっともですね。

 

 

似合う色は制限されると余計に困る法則

そんなワケで、似合う色は「これとこれしか使えない」という風に、制限されてしまうと、余計に洋服選びに困ってしまいますから、分類が多いから良いってわけではないんですね。

種類が多ければ「分かりやすいかも?」とか「お得感あるかも?」っていうのは幻想だというのがお分かりいただけるかと思います。

 

パーソナルカラーのベストな種類とは?

 

じゃあ、一番良いのは何種類なんですか?

ヨシコ

 

ベストな種類は4つです。

「春・夏・秋・冬」の4シーズンですね。

 

まず、イエローベースとブルーベースの2つのベースカラーに分かれていて、そこからさらに2つずつに分かれて、合計4つになっています。

コンサルタントN

 

どんな風に分かれているのか?はこちら↓の記事で詳細を確認してみて下さい。

 

この4つのシーズンの分類は、いろんな色(赤、青、緑、黄、ピンク、紫、白、グレー等の要素)が、どの分類に当てはまるか?自分の似合うシーズンか?見分けて使っていきます。

ですので、例えば「ブルー系が得意だから、赤や緑は使えません。」という様に制限するものではないという事です。

 

 

最後に

 

今や全国に沢山のパーソナルカラー診断が受けられるサロンがありますが、最終的に自分がそこで診断を受けて、実際理解できる様に教えてくれそうか?綺麗になれそうか??

というのを十分リサーチすることが必要ですね。

「他サロンで1度又は2度、診断を受けたけれど、未だに何を着て良いか分かりません・・・本当に似合う色やデザインが知りたいです!」

こんな感じで私のところへいらっしゃる方が本当に多いです。

それだけ、いろんなサロンが増えて、気軽に受けられる様になったという事ですね。

 

「私も実は迷ってます、本当に似合うものが知りたいですっ」と思っている貴女は私に会いに来て下さいね。

 

お申込みはメルマガからがお得です。まずは下記よりご登録下さい。