大阪市内又は京都/奈良でも開催中!

地味女子だって似合う色とデザインでオンリーワンのマイナス7歳美人に変身し思い通りの未来を手に入れる!

ご予約可能スケジュール・開催状況はこちら

パーソナルカラー診断はあてにならない?診断を受けても迷ってしまうワケ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大阪市内を中心にイメージコンサルティングを行っております。 パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果からメイクも含めトータルで貴女に似合うファッションをアドバイスし、貴女ならではの美しさを引き出します。
詳しいプロフィールはこちら

 

自分に似合う色を知るカラー診断、ひと昔前に比べてかなり一般に浸透していて、簡易的なものも含めて1度は受けたことがあるという方が多いかもしれませんね。

でも実際、診断を受けても何となくそれを活かす事が出来ていない、という人や、正直未だ似合う色がどれなのか分かりません。

こんな方も多いものです。

 

ではなぜ、 こんなにも巷に溢れているカラー診断を受けても多くの人が迷ってしまうのでしょうか?

考えられる原因は何なのか?!という話題をお届けします。

コンサルタントN

 

 

パーソナルカラー診断を受けても迷ってしまう原因とは?

その1.診断時に理論的な説明もなく誤診されている可能性がある

布を当てて比べてみて 「わー変わりましたね~」 だけでは、何処がどんな風に?

又、なぜそれがこうだと駄目なの? というところが具体的に分かりませんね。

そもそも、きちんとしたドレープを使っていないという所もある様です。

以前「カラー診断受診を迷っている貴女が気を付けるべき超重要なポイント」に書きましたが、パネルやカラーカードは布ではない他の素材で出来ています。

色の影響ではなくその素材の影響で顔が反射したりしているだけかもしれません。

というわけで、正確な顔色の変化はそういった道具では見ることが出来ないんですね。

ドレープ(布素材のもの)を使っていても、それ自体濁った色をしていて、質が悪いケースもあります。

私が人生で一番最初に受けたカラー診断はまさにこれでした。

 

イメージコンサルティングのお仕事をする様になって、 実際クライアントさんから多種多様なカラー診断体験話を聞くことも多いのですが、どうやらパーソナルカラーの理論にきちんと当てはまったドレープを使用していないサロンは想像以上に多い様です。

 

 

 

その2.似合う色のグループを2つ診断される

「ファーストが夏でセカンドが冬」という様な診断の仕方をされると、その時は最もらしく聞こえても後になって自分で洋服を買いに行った時、結局どの色を選んだら良いか分からなくなるんですね。

似合う色のグループは1つしかありません。

その1つのグループの中でも、ソフトな色が似合うとかかディープな色が似合うとかいう風に更に2つとか3つに分けてしまうケースもあるそうですが・・・

 

確かに秋なら秋の中でも特に赤が似合ってた等、得意な色はありますが、それをキッチリグループ分けしてしまうと、使える色の数が減ってしまう為、結局また着るものに迷ってしまうんですね。

長い人生において、好きな服を着ていたら良い時ばかりではないですよね。

例えば明るく淡いピンク色が特に得意で、他の似合う色も明るく淡い色の傾向に絞られたら、スーツを選ぶ時に困りますね。

仕事のシーンであったり、フォーマルな格好をする必要がある場所へ行ったり、いろいろな機会があると思います。

どんなシーンにおいても迷うことがない様に、4シーズンの中から1つに選定していますし、

実際多くの方を診断していて、例えば「夏」も「冬」もどちらのグループでも色によっては似合う・・・こんな方に今まで出会った事はありません。

「どちらも似合う傾向が・・・」という結果になるのは、似合う色と似合わない色の見分けがしっかり出来ていない、つまり診断する側の技術に問題があるかも?!しれません。

 

 

 

その3.パーソナルデザイン診断がなかった

色から受けるイメージだけでは実際どんな形の洋服を着てどんなアクセサリーや小物を着ければ良いのか分かりません。

ココで迷っている方も非常に多いのだなとよく思います。

骨格診断はして貰えるのですか?というご質問を頂くこともありますが、パーソナルデザイン診断では体形、雰囲気、顔立ち、しゃべり方や仕草、動作等からその人のキャラクターを診ますので、骨格も含まれているんですね。

逆に言うと、パーソナルデザイン診断は骨格だけではない、と言うことです。

色だけでなくデザインの診断まで終えて、初めて自分に似合うファッションは何か?が分かります。

「今までの悩みの原因が分かってすっきりしました!だから、こういう事だったんですね」

と殆どの受診者さんはスッキリされます。

やはり、パーソナルカラーだけでは似合うファッションの全容は分からないんですね。

パーソナルデザインはパーソナルカラーと同じくらい大切ですし思っている以上に奥が深いです。

 

 

 

最後に

いかがでしたか?

パーソナルカラー診断を受けても迷ってしまう原因お分かり頂けましたか?

そしてサロン選びも超!大事という事に繋がってきますね。

 

正しい診断を受けて自分に似合うファッションを知り、今後もう迷いたくない!という貴女は私に会いに来て下さいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
大阪市内を中心にイメージコンサルティングを行っております。 パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果からメイクも含めトータルで貴女に似合うファッションをアドバイスし、貴女ならではの美しさを引き出します。
詳しいプロフィールはこちら