苦手な色着てても褒められることってあるの?

 

この記事を書いている人 – WRITER –

関西を中心に出張でイメージコンサルティングを行っております。
パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果から、貴女に似合うファッションをトータルでアドバイスし、貴女ならではの良さを引き出します。
⇒ 詳しいプロフィールはこちら

今井 信子

 

似合う色が診断により明確になると苦手な色を着るのに気後れすることがあります。

今日はこの色ハズしてるな・・・
っと

で、本人はしょうがないな・・・
と思って着ていても、周りの人に褒められる事だって実際、あるんですよね。

そう!苦手な色着てるのに!です。

どういうことか?というと、

 

それは「似合うデザイン」に関係しているんですね。

つまり、色は得意な色でなくても「デザイン」が自分の似合うモノにバッチリ当てはまっていたら、すごく素敵に見られる事もあるということなんです。

ですので、似合わない色だからといって、過去に買った洋服を全て処分する必要もないんですね。

以前、何処かでカラー診断を受けた事があるという受診者さんからよく聞くお話で

「一番似合うのは春」
「セカンドは冬」

という風にいくつかの色のグループを言われる事があるそうですが・・・、

それは色とは別にデザインの存在をしっかり把握して、さらに分析する事が出来ていないから2つのグループが似合う色に当てはまる?!

なんて診断結果が出てしまうんでしょうね。

 ・

 ・

 ・

というワケで今日の内容をまとめますと、

「似合う色のグループは1人に1つのみであり、たとえ苦手な色でもデザインが自分のタイプにきちんと当てはまっていれば十分自信を持って着られる洋服に値します。」

結局、似合う色(パーソナルカラー)だけでなく似合うデザイン(パーソナルデザイン)もしっかり知っておく事が大事!ということですね。

色だけでなく自分に似合うデザインも知って自信を持ってファッションを楽しみたい!

そんな貴女におススメのメニューはこちらです