大阪市内又は京都/奈良でも開催中!

地味女子だって似合う色とデザインでオンリーワンのマイナス7歳美人に変身し思い通りの未来を手に入れる!

ご予約可能スケジュール・開催状況はこちら

パーソナルカラーが冬のタイプに似合う口紅

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大阪市内を中心にイメージコンサルティングを行っております。 パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果からメイクも含めトータルで貴女に似合うファッションをアドバイスし、貴女ならではの美しさを引き出します。
詳しいプロフィールはこちら

 

最近は、ハッキリした赤のリップカラーが人気だったりしますが、貴女はくちびるが浮かずにおしゃれ美人になれる赤のリップカラーは持っていますか?

パーソナルカラーのタイプ別にどんな色が良いのかご紹介します。

 

パーソナルカラーが冬のタイプに似合う口紅とは?

 

「冬」タイプの方は元々、頬の赤みが少ない方が多い傾向があります。

つまりお顔に色がない為、口紅をしっかり付けてないと、とたんに顔色が冴えなくなる人が多いようです。

長年のヌーディな色流行りで、薄付きのリップカラーで、もの凄く損をしている方も多いのでは?!

なんて思います。

 

お化粧していないとき、妙に顔色悪くなる・・・と感じる貴女は、ローズ系の鮮やかな色や、ブラウンやベージュの混じっていないピンク赤紫をつけてみて下さい。

ワインレッドや、ボルドー、フューシャという名前で探してみてもOKです。

鮮やかなローズ系の色は、少し嫌われる傾向にありましたが、似合っていれば鮮やかに発色して、顔色が一瞬でパッと明るくなりますよ。

目がキラキラ、若々しく健康的な印象になりますので、(どのタイプもそうですが)似合う色のリップカラーに出会ったら、もう手放せなくなるはずです。

 

 

似合わない人が濃いピンク色をつけると?

 

ただし、似合わない人がワインレッドや、ボルドー、フューシャ等の色をつけると、唇の色だけが主張してびっくりしたような赤になってしまいます。

青みの濃いピンクや赤は、80年代のバブル期に流行った色。

(80年代のリバイバルで又ここ数年、濃い色のリップが主流になっていますが)

昔、似合っていない大人を沢山見た影響からか?!次の時代に流行ったのは、超ナチュラルでヌーディな色のリップでした。

ヌーディな色のリップが主流でアイメイクに力を入れるのが、割と長い間流行ってましたね。

青みのピンクが嫌煙される様になった理由は他にもありますが、世の中の流れは常に動いていて、流行りも常に変わっていきますからね。

 

 

最後に

 

オレンジやベージュなどでは物足りなさを感じる、かと言ってブラウンでは肌がくすむ・・・っという貴女は、濃いピンクや青みの強い赤でどんな顔色の変化があるか、コスメ売り場等でちょっと試してみて下さいね。

試しぬりする時は、思い切って濃いめにぬってみることをおススメします!
(勇気がいるかもしれませんが・・・)

 

冬の方は似合う口紅1本だけで本当に180度ガラっと印象が変わる人が多く、これだけで一瞬で変身出来てしまうなんてお得ですね。

今まで長い間、ローズ系の鮮やかな色を避けていた、でも薄い色ではしっくりこないという貴女にこそ、ぜひ先程挙げた色を試してみてほしいと思います。

口紅一本で、劇的に変身できるかもしれませんよ。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
大阪市内を中心にイメージコンサルティングを行っております。 パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果からメイクも含めトータルで貴女に似合うファッションをアドバイスし、貴女ならではの美しさを引き出します。
詳しいプロフィールはこちら