色を見分けるのはやっぱり素人には難しい??

 

この記事を書いている人 - WRITER -

関西を中心に出張でイメージコンサルティングを行っております。
パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果から、貴女に似合うファッションをトータルでアドバイスし、貴女ならではの良さを引き出します。
⇒ 詳しいプロフィールはこちら

今井 信子

 

いつも有難うございます。

イメージコンサルタント 今井 信子です。

 

パーソナルカラー診断、1度や2度は受けた事があるという方も多いですよね。

診断を受けて、自分に似合う色のシーズンを知り、「私は〇〇なんです!」っと自信たっぷりにおっしゃる方が多いですが、そういう方に限って大抵、そのシーズンの色の洋服や口紅(その他化粧品全般)を身につけられていないんですよね・・・

信じられないかもしれませんが、自分に似合う色を知っていますと公言する殆どの方は、自分に似合う色のシーズンを知っていても、

結局、実際にどんな色を身につけたら良いかが分かっていない場合が殆どの様です。

 

決して全ての方ではないのですが、最近気になる事が多いので、敢えてこうして書いています。

決して一度見ただけでは判断してないですよ。その時はたまたまって事もありますからね。

何度か見ていて、やっぱりそうかなっと思うに至りました。
(割と沢山の方を時間をかけて見て分析しています。)

 

ではなぜそんな事になるのでしょうか?!

色を見分けるポイントを見逃している又は、以前受けられた診断の時にそこまで詳しく教えてもらっていないから、という理由が殆どの様です。

ちょっとショックじゃないですか?
診断をしっかり受けても、そんな状況?!って思いますよね。

ですので、私は以前からサロンはしっかり選びましょう!ということもお伝えしています。

 

話を戻して、「色を見分けるポイント」これ、やっぱり素人にはそもそもが難しいんじゃないの?

と思われるかもしれませんが、しっかりおさえて、少し練習(意識して見るように)すれば、誰だってそのうち見分けられる様になるものなんですね。

私も最初っから完璧に出来たわけではなかったので安心して下さいね(^^)

 

では具体的にどこを見ていったらよいの?というと、

まずパーソナルカラーのシーズンは4つのタイプが有り、ブルーベースとイエローベースの2つに分かれますから、青みが強いか?、黄色みがつよいか?というところですね。

 

やっぱりまずここは基本です。

それから「明度」
明るいか暗いか?(濃いか薄いか)を見ます。

薄い色と濃い色の区別ですから、ここではあまり悩まないと思います。

ここまで見たら、最後は「彩度」
鮮やかか?くすんでいるか?です。

この「彩度」は結構、イヤかなり!重要です。

 

重要なんですが、結局これを見分けられていない方が多い様に思います。

特にパーソナルカラーが「春」と「冬」の方は、とにかく彩度が高くないと顔色がパっとしませんから、「彩度」があるかないかで明暗が分かれると言っても過言ではないんですね。

逆に彩度が低い色が似合う「夏」と「秋」の方でも彩度が高い色を選んでしまうと顔色が悪く見えたりして、良い影響はありません・・・。

 

自分に似合う色をしっかり選べる様になりたい貴女は彩度の見分けをマスターしましょうね!

 

見分けるポイントは、「鮮やか=派手な(まぶしい・強い)感じ」 or 「くすんでいる=おとなしい感じ」かどうかに着目してみて下さい。

 

彩度に関しての説明は、正直言って、画像ではお伝えしにくいところですので、やはり直接(肉眼で)ドレープを見て学んでいただく事をおすすめします。

私の行うコンサルでは、おススメの口紅やチークの品番をパーソナルカラー診断後にお教えしていますから、次の日から劇的変身する事だって出来るんですよ。

洋服を総入れ替えするとなると、大掛かりですしお金も掛かりますが、化粧品の1つや2つなら、すぐに買い替える事ができますからね^^

 

これが出来る様になって、お買い物のコツが分かり、以前より買い物に行くのが数倍楽しくなりました!というお声も頂いてます。

自分に似合う色や見分け方をサクっと知って、楽しくお買い物できる様になりたい貴女はぜひ私に会いに来て下さいね。

 

お申込みはメルマガからがお得です。まずは下記よりご登録下さいませ。