2017/10/03

自分に似合う髪の色知ってますか?~パーソナルカラータイプ別・似合う色公開~

 

この記事を書いている人 - WRITER -
関西を中心に出張でイメージコンサルティングを行っております。 パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果から、貴女に似合うファッションをトータルでアドバイスし、貴女ならではの良さを引き出します。
詳しいプロフィールはこちら

いつも有難うございます。

イメージコンサルタント 今井信子です。

 

皆さんは、カラーリングしていますか?

美容室に行けば、カットと共にカラーリングをするのがスタンダードの様になってますね。

受診者さんにも髪の色について、何色に染めたら良いか?という質問をよく頂きます。

 

貴女はどうやって髪の色を決めていますか?

今まで美容師さんに勧められたり、何となくでカラーリングの色を決めてきたけれど、結局どんな色で染めれば良いのか?何色が似合うのか?

疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

 

洋服や小物の色だけでなく、ヘアカラーについても悩まないといけない・・・となると大変ですよね。

まあ、それも「似合う色」を知ると、カラーリング自体がそんなに大事でもなくなるので、安心してくださいね。

 

 

ではまずは、各パーソナルカラーのタイプ別似合うヘアカラーをお伝えします。

パーソナルカラーのシーズン別似合うカラーリングの色は?

パーソナルカラーが春のタイプに似合う髪色

明るい茶系の色、又は濃い茶色、オレンジ系の色

 

パーソナルカラーが夏のタイプに似合う髪色

赤みがかった茶色、アッシュ系ブラウン

※アッシュとは・・・グレー系

 

パーソナルカラーが秋のタイプに似合う髪色

モスグリーンやオリーブ系の茶色

※あまり明るくし過ぎない方が良い

 

パーソナルカラーが冬のタイプに似合う髪色

ローズ系の茶、赤みがかった濃い茶

※あまり明るくしない方が良い

 

 

明るくし過ぎない方が良いのはなぜ?

パーソナルカラーが「秋」と「冬」の方は特に、明るくし過ぎると”軽く”見られたりして上品さに欠けてしまいますので、注意が必要です。

 

特にビジネスのシーンで軽く見られるのは非常に損ですね。

第一印象を良くする上で、女性ならばメイクの色(特に口紅の色)は重要ですが、それと同じくらい、髪形や髪の色も重要なのです。

 

 

 

知ってましたか?持って生まれた髪色が実は・・・?!

実は持って生まれた髪の色、つまり元々の髪色が、自分のパーソナルカラーです。

元々持ってる、カラーリングする前の色が自分に一番似合う、しっくりくる色という事なんですね。

これは「自分だけは違ってた」という様な例外はなく、皆さん本当にそうなんですね。

なので、白髪染めをしないといけない場合は別ですが、そうでない場合はカラーリングはそもそも必要ないのでは?というお話なんです。

 

私の髪の色は重過ぎる(暗すぎる)からカラーリングで明るくしないといけない、と思っている方は、そもそもメイクの色も洋服の色も自分に似合う色を身に着けていないから、違和感が出るんです!

それから、流行りですね。

例えば明るめの色が流行っていたら、どうしてもその色と自分の色を比べてしまい、暗めの自分の髪色は古臭い???なんて思ってしまいがちです。

 

 

 

カラーリングを繰り返すとどうなる?

カラーリングを繰り返すと髪が傷んで来ますし、表面的な事だけでなく身体への悪影響も少なからずある、という事は随分前から様々なところで言われています。

そんな理由もあって、結局、元々の髪の色を活かした方が自分の身体のためにも良いですし、見た目も一番自分らしいという事なんです。

 

似合う色の洋服を身に着けて、似合う色でメイクをすると、髪の色も艶っぽく綺麗に見える効果もありますので、自分に似合う色(パーソナルカラー)を知って、まず全身を似合う色で統一する事をおススメします!

それでもやっぱりカラーリングがしたい貴女は、今回書いた色を参考にしてみて下さいね。

 

 

 

パーソナルデザイン診断とパーソナルメイクレッスンも有り、トータルで自分に似合う物が分かるイメージコンサルティングへのお申込みは、メルマガからがお得です。

まずは下記よりご登録くださいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
関西を中心に出張でイメージコンサルティングを行っております。 パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果から、貴女に似合うファッションをトータルでアドバイスし、貴女ならではの良さを引き出します。
詳しいプロフィールはこちら