パーソナルデザイン分析は単純ではない!リアルな分析方法とは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

関西を中心に出張でイメージコンサルティングを行っております。
パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果から、貴女に似合うファッションをトータルでアドバイスし、貴女ならではの良さを引き出します。

詳しいプロフィールはこちら

 

私のブログでは、よく俳優さんや有名人の方を例に出して、パーソナルデザインの分析しています。

これは、前にも書きましたが、パーソナルデザインの各タイプの特徴をつかんでもらいやすい様に敢えてそうしています。

そもそも、好きな芸能人を称賛したり、逆に嫌いな人を批判したり、又、ドラマの批評をする為に行っているものではありません。

(念のためもう一度最初に言っておきます)

 

そのパーソナルデザイン分析ですが、実際どんな風に分析しているのか、今回はその詳細を説明します。

 

 

今身に着けているものをヒントにしているか?

今現在着ているデザインが、ワリと似合っていておかしくないから〇〇だ、というような視点で見ているわけではありません。

どんな格好をしていても、そもそもその方がどういうキャラクターの人か?

どんな個性を持った方か?

もっとどんな格好をすれば、素敵になれるか?

というところを見ています。

 

 

いくつかある各タイプの特徴に当てはめていってるの?

パーソナルデザインの各タイプの代表的な特徴は確かにありますが、例えば、あれとそれは当てはまらないからコレ、というように単純に当てはめて、違うのであればじゃあコレ?!という様な単純なものではないんですね。

どういう事かと言いますと、全く同じタイプに診断された人でも、全く同じデザインの物で、同じコーディネイトをしてそれでOKというわけではありません。

同じ傾向のものは似合っても、例えば、身長や体重が全く同じというワケではありませんし、よく似た体形といっても、バストやヒップの大きさだってそれぞれ違うでしょう。

そもそも、体形だけで、パーソナルデザインのタイプが決まるわけでもありませんからね。

 

その上、生活環境や年齢だってそれぞれ違うわけですから、1人1人の個性に合わせた、似合うファッションがある、という事です。

ここ↓で説明しているパーソナルデザインについての特徴はごくごく一部にすぎません。

10ある内の1くらいの内容です。

 

 

コンサルタントの好き嫌いも含まれてる?

よく、芸能人の〇〇さんは、あのタイプではなく、こっちではないか?というご質問を頂いたりします。

好きな俳優さんやアイドルがこうあって欲しいという願望は分からないではないですが、そもそも、そういった希望に沿う為に、冷静に見る目を失っているようでは、プロのコンサルタントとは言えません。

この方はこうあって欲しいから、このタイプ???という様な見方は論外なんです。

ですので、思い込みや好き嫌いなどの感情を取り払い、ニュートラルで冷静な視点で分析しています。

俳優さんやタレントの方のパーソナルデザイン診断をする時は、十分その人に向き合って暫く観察し、あぁこのタイプで間違いないなっと判断してから、ブログなどでお伝えするようにしています。

なぜなら、実際に会った事のない方が殆ど、つまりテレビ画面やネットや雑誌などのメディアを通してしか知らないわけですから、慎重にならざるを得ないんですね。

数年に渡って観察することもザラにあります。

どんな方でも冷静に、ニュートラルな気持ちで向き合い、正確な分析をしてこそ、その方が本当に魅力的になるファッションが分かるんですね。

 

 

最後に

 

どうでしたか?

パーソナルデザイン分析、そんなに単純なものではなく、結構奥が深く、人の分析をするってそう簡単ではないかも?!

という事がお分かり頂けましたか?

自己分析に関しても、「こうありたい」「なりたい」という目線や思い込みから決めつけてしまう傾向にありますので、危険要素が満載ですよ。

やはり、プロに客観的に見てもらうのが一番の近道です。

一生迷わなくなる、似合うファッション診断、メニューはこちらです。

お申込みはメルマガからがお得です。ご登録は下記よりどうぞ。

この記事を書いている人 - WRITER -

関西を中心に出張でイメージコンサルティングを行っております。
パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果から、貴女に似合うファッションをトータルでアドバイスし、貴女ならではの良さを引き出します。

詳しいプロフィールはこちら