2017/11/14

流行りのカラフルな色、着こなす自信 ありますか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

関西を中心に出張でイメージコンサルティングを行っております。
パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果から、貴女に似合うファッションをトータルでアドバイスし、貴女ならではの良さを引き出します。

詳しいプロフィールはこちら

 

秋は早くも通りすぎて、冬の装いにしないといけないくらい寒くなってきましたね。

今季の冬は、色物のニットやコートなどカラフルなアイテムが出ているのをよく見ます。

 

 

冬のコーディネイトは暗くなりがち?!

冬になると、どうしても黒やブラウン、グレーなどのダークな色合いでコーディネイトしがちですよね。

コートやマフラー、ブーツなど夏に着るものよりも、お値段の張るアイテムが多いので失敗のないベーシックな色でまとめてしまうのも無理のないことです。

ですが、今季の冬こそダークな色あいばかりの地味コーデを卒業して、カラフルにお洒落になりたくないですか?

 

色物もちゃんと着こなしてる人って素敵ですよね。

コンサルタントN

 

 

 

カラフルな色に挑戦しておしゃれになれた?

誰かが着ていて素敵だったから、今年のトレンドだからというので、色モノにトライしてみても何か派手になるだけだった、とか顔色が冴えない感じになる、持っている服に合わせられるのがない、などなど・・・

失敗に終わってしまったパターンも多いのではないでしょうか?

 

じゃあ、色物はどうやって選んだらお洒落になれるのか?!気になりますよね。

結論から言うと、自分に似合う色が基準になるのですが・・・

 

基礎知識として、例えば赤は赤でもいろんな赤があるというのを知っておきましょう。

コンサルタントN

 

黄みが強い
A.派手なオレンジっぽい赤
B.朱色のような落ち着いた赤

A. B.

 

青みが強い
C.薄いけれど落ち着いた感じの赤
D.深紅のような深い赤

C.  D.

 

の様に4種類に分かれます。

 

 

 

選び方は?

例えば赤いニットを買うかどうか迷ったら、その赤が上記の4種類のうちどれにあたるか?

を見てみて、自分に似合う色の傾向に当てはまっていたら、OK(似合う)という事になります。

 

もちろん、この選び方は自分に似合う色の傾向を知っている前提です。

 

知らなければ、鏡の前で当ててみて顔色の変化を見る方法しかないですね。

 

ただし、自分でじーっと鏡を覗きこんでにらめっこしているだけでは、なかなか分からないかもしれませんので誰かの意見を聞くのが良いですよ。

 

 

 

最後に

似合う色を知っていたら、そもそもベーシックな色もどんな色を選んだら良いのか?が分かります。

(ベーシックな色はモノトーンだけではありません。)

 

ですので、色物も似合う色の中から選べば既に持っているベーシックな色のアイテムと合わせられるので
買ったのは良いけど、合わせる服がない!で悩まなくてもイイのです。

 

というわけで、まず自分に似合う色を正しく知っておく事をオススメします。

 

 

貴女はカラフルな色が流行ろうと、ダークな色が流行ろうと、どんな時も自信を持ってお洒落に着こなせる様になりたくないですか?

 

コンサルティングへのお申し込みはメルマガからがお得です。まずは下記よりご登録下さいね。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

関西を中心に出張でイメージコンサルティングを行っております。
パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果から、貴女に似合うファッションをトータルでアドバイスし、貴女ならではの良さを引き出します。

詳しいプロフィールはこちら