色を見分ける大事なポイント・貴女はこれに気付いていますか?!

 

この記事を書いている人 – WRITER –

関西を中心に出張でイメージコンサルティングを行っております。
パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果から、貴女に似合うファッションをトータルでアドバイスし、貴女ならではの良さを引き出します。
⇒ 詳しいプロフィールはこちら

今井 信子

イメージコンサルタント今井信子です。

カラー診断の結果(春、夏、秋、冬)はやはり、ドレープ(布)を正しい条件の下で実際に当ててみるまで分かりません。

ということで、今回は診断の仕方やドレープについてお届けしたいと思います。

「カラー診断は、パっと見ただけで判断出来ません。」

では、どうやって判断するの?というと、「布」つまりドレープを当てて診断していくわけですが、そのドレープはどんな質なのか?!という事も実は結構大事なんですね。

布の質、具体的に言うとコットンなのか麻なのか、シルクなのか?という素材のお話・・・、という事ではなくて

正しいパーソナルカラー理論にしっかり当てはまっているものかどうか?!ということなんです。

「正しいパーソナルカラー理論」とは、春、夏、秋、冬、それぞれに特徴がありますね。

要はその事です。

イエローベースかブルーベースか?

明度、彩度は高いか低いかという事ですね。

パーソナルカラー各タイプ特徴についての詳細はこちらをどうぞ

で、ドレープによる診断をしてどのシーズンかが分かって、さあお買い物!と思って実際お店に行って色を見分ける際に、結構見逃され易いものがあります。

それは、今まで意識していなかったら、なかなか見分けるのが難しかったりもします。

でもそれによる違いで、顔写りがかなり変わりますから、やはりハズせないポイントなんですね!

 

その見逃されやすいハズせないポイントとは?

 ・

 ・

 ・


答は「彩度」です。

色がブルーベースかイエローベースかは意識して見ていると、大抵の方はすぐに見分けられるようになります。(個人差はあります)

そこを特に意識して見ている方も多いことでしょう。

でも意外と見落としがちなのが、彩度なんですね。

もう一度言いますが、彩度とは「鮮やかか、くすんでいるか」ということです。

鮮やかというのは、その字のとおりパっと派手な感じの鮮やかな色。ジッと見ると眩しい感じがします。

くすんでいるのは、鮮やかの全く逆で、おとなしく落ち着いた色です。

明るいベージュやオレンジが得意な「春」の方や、青みが入っていてハッキリした色が似合う「冬」の方は特に、この彩度、高いものを選ぶようにしましょうね。

特に春の方で薄めのベージュを選んでいるのに何だかイマイチぱっとしない気がする・・・

こんな時は十中八九、低い彩度のものを選んでしまっている事が原因です。

「春」は何となくのイメージで「ほんわかした色」だと思われがちですが、明るく結構派手めな色が多いのが特徴です。

ですから特に注意して選ぶようにして下さいね。

※くすみが入った色というのは、濁っているということではなく、鮮やかか?くすんでいるか?です。

「春」「冬」以外の「夏」「秋」の方達は、反対に彩度が低い色が似合いますので、落ち着いた、くすみが入った色を選ぶ事がポイントです。

 

最後に・・・

どの季節の方も、青みや黄みが入っているか?にプラスして、彩度が高いか低いかを意識して、色を見極める目を養っていって下さいね。

そうすれば、貴女自身がしっかり自分に似合うものを選べる様になって、洗練されてくるハズです!