2017/10/15

似合う色で自分が綺麗になるだけでなく洋服の色も綺麗に発色する法則

 

この記事を書いている人 - WRITER -
関西を中心に出張でイメージコンサルティングを行っております。 パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果から、貴女に似合うファッションをトータルでアドバイスし、貴女ならではの良さを引き出します。
詳しいプロフィールはこちら

いつも有難うございます。

イメージコンサルタント 今井信子です。

 

似合う色を当てるとお顔の色が明るくなったり、しみ、顔の赤み、くすみ等が目立たなくなったりするワケですが、当てたドレープ(布)の色も、すごく綺麗に見えるんですよね。

一方、似合わない色はその逆で、その色自体が綺麗に見えません。

例えば、黄色の布を当てているハズなのに”つちいろ”に見えたり、赤の布を当てているはずなのに茶色に見えたり・・・。

もちろん顔色もくすんだり、しみが目立って見えたり・・・、良い感じには見えません。

不思議に感じるかもしれませんが、これは肌や髪、目の色と、顔の近くに持ってきた色が、調和しているか?いないか?

という事に関係があるんですね。

つまり、自分の持っている色の要素と同じ要素を持った色を当てたり、身に着けたりすることで、うまく調和して双方が綺麗に発色するというワケなんですね。

 

一見不思議に感じるかもしれませんが、この色の効果を利用して、綺麗になりましょう!というのが、カラー診断の目的です。

 

 

 

こんな経験ありませんか?

すごく綺麗な色の赤のワンピース○○さんが着ているのを見て綺麗だな~っと思って同じ様な色を自分で着てみたら・・・

びっくりする程”派手な”赤い色になって何だか変に目立ってしまった。

 

或いは、お店でパっと見て綺麗だと思って衝動買いした洋服が、家で着てみたら凄く派手で周りの反応もイマイチでショックを受けた。

 

これは、まさにその赤色が自分に調和していない!つまり、似合わない赤色だった為に洋服の色だけが異様に目立ってしまったんでしょうね。

 

誰でも一度や二度あるのではないでしょうか?!

 

 

イメコンを受けると?・・・

似合う色の理論や、更には似合うデザインの理論を知ると、根拠のあるおしゃれが出来るようになり、おしゃれ自体がもっと簡単に、もっと楽しくなるんですよね。

私自身、何となくで選んでたくさん失敗した経験もあるからこそ!その良さを実感しています。
貴方も、似合うファッションを理論的に知ってもっと楽しくラクにおしゃれしたくないですか?

 

 

コンサルティングお申込みはメルマガからがお得です。まずは下記よりご登録くださいね。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
関西を中心に出張でイメージコンサルティングを行っております。 パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果から、貴女に似合うファッションをトータルでアドバイスし、貴女ならではの良さを引き出します。
詳しいプロフィールはこちら