大阪市内又は京都/奈良でも開催中!

地味女子だって似合う色とデザインでオンリーワンのマイナス7歳美人に変身し思い通りの未来を手に入れる!

ご予約可能スケジュール・開催状況はこちら

パーソナルカラーの秋と冬は誤診されやすい?!そのワケは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大阪市内を中心にイメージコンサルティングを行っております。 パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果からメイクも含めトータルで貴女に似合うファッションをアドバイスし、貴女ならではの美しさを引き出します。
詳しいプロフィールはこちら

 

カラー診断を受診して何度か「冬」と診断され、そして何度目かの正直で、実は「秋」と判明する方が
結構いらっしゃいます。

つまり、秋の方が冬だと誤診されるパターンですね。

それだけ秋と冬のグループは間違われやすいのでしょうか?!検証してみたいと思います。

 

 

秋と冬それぞれの違いは何?

 

「秋」 = イエローベース彩度=低 明度=低

「冬」 = ブルーベース彩度=高 明度=高&低 両極端

 

冬と秋は確かにどちらのグループも濃いめの色が似合いますが、冬は濃い色とは逆のもの凄~く薄い色(透明度の高い色)が似合うという特徴もあります。

彩度に関しては全く逆で、秋はくすんだ色が似合うのに対し、冬は鮮やかな色が似合います。

それに、そもそもイエローベース(黄みが強い)とブルーベース(青みが強い)という違いがありますので、これら2つのグループは全く違う色の要素を持っている、という事が分かりますね。

 

受診者さんにドレープを当てて診断する時も、やはり違いは明らかに顔色に出ますよ!

 

 

全く違う色なのに間違われるのはなぜ?考えられる理由とは?

 

ではなぜ間違われやすいのでしょうか?

考えられるまず1つ目の理由は・・・、

第一印象

髪の色や瞳(虹彩)の色が暗い(濃い)色、又は一見して真っ黒な感じに見られた場合、おおよそ第一印象で「冬」と決められてしまう事もある様です。

 

そもそも第一印象で〇〇な感じだなと思ってもそれだけで、決定するべきではないんですね。
(これはコンサルタントやアナリスト側のお話ですが・・・)

 

ドレープを4種類全て当てて比べていって厳密に顔色を見比べて最終的に本当に似合う色のグループが導き出されます。

 

最終結果は、第一印象で感じたタイプと全然違うタイプにいき着く(診断される)事だってあるわけです。

ですので、初見やアナリストの経験から来る判断や、はたまた思い込みだけで決めつけたり、しっかり顔色の変化を見て診断していない様であれば・・・、

残念ですがそれは誤診かも?!と疑う必要があるでしょう。

 

 

考えられる理由2つ目は・・・、

診断時モノトーンの洋服を着ていた

受診者が診断時に着ている洋服が、モノトーン、つまり黒又は白で、割と似合ってる様に見えたから。

という事が考えられます。

 

勿論ですが、診断の時に身に着けているものは、基準ではありません。

むしろ、そういうもののイメージは取り払って診ないと、誤診に繋がりますからね・・・。

 

という事で、その時着ているものを見て判断されている?!と感じたならば、誤診を疑う必要があるかもしれません。

 

 

 

最後に

 

パーソナルカラーの診断を受けた事があるけれど、

何だかイマイチな気がします・・・

お洒落迷子A

違和感がぬぐえません。

お洒落迷子B

本当にこの色選んでて良いのかな?!

お洒落迷子C

こんな風に迷って、当方へ診断を受けに来られる方は後を絶ちません。

ですが、診断が終わる頃には「今までの違和感の理由が分かりました!」

「これからは迷わず、自信を持って選べそうです!」

と、迷いが吹っ切れた様に、皆さんスッキリした笑顔でお帰りになりますよ。

 

貴女はどうですか?以前のカラー診断の結果に疑問を持っていませんか?

本当に似合う色を知ってその活かし方も知りたい貴女は私に会いに来て下さいね。

コンサルタントN

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
大阪市内を中心にイメージコンサルティングを行っております。 パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果からメイクも含めトータルで貴女に似合うファッションをアドバイスし、貴女ならではの美しさを引き出します。
詳しいプロフィールはこちら