【COLOR通信-No.32-】日本人にはサマータイプが多いの?!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

関西を中心に出張でイメージコンサルティングを行っております。
パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果から、貴女に似合うファッションをトータルでアドバイスし、貴女ならではの良さを引き出します。
⇒ 詳しいプロフィールはこちら

今井 信子

“何歳になっても自分らしくイキイキと輝いていたい”

そんな貴女に知って得する情報を惜しみなくお届けします!

 

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

 

 

いつも有難うございます。

イメージコンサルタント 今井です。

 

 

日本人にはサマータイプが多いの?!
☆☆☆--------------- 

 

「パーソナルカラー診断を以前どこかで受けたことがある」とか「カラーに興味があって勉強したことがある」という方からたまに聞くのが、「日本人にはサマーが多いと言われた」という様なセリフ。

だからなのか?!その方も診断してもらったら「サマータイプ」だったそうで・・・。

この方は偶然本当にそうだっただけなのかもしれませんが。

『日本人で色白なら大抵は「サマー」です。』

プロにこんなふうに言われたら、やはり信じてしまいますよね。

このようにして間違った理論が広がっていくのだなぁ・・・・・なんて残念ながら思ってしまいます。

何人かの女性が集まるところに行って、パーソナルカラーの話題になった時、

「ちなみに何タイプですか?」

とおたずねすると「サマータイプです」っていう言葉がかえってくることが割と多いのも事実です。

これはやはり、『日本人で色白ならば、たいてい「サマー」です。』

なんて言っているカラーリストが多いからそうなってしまうのかな~?!とそこに重ね合わせてしまいます。

本来ならば、4タイプがだいたい同じくらいの数いなければおかしいのですけれど・・・・

たまたまその会では、スプリングタイプの方がかたよっちゃった~偶然!なんてこともありますけど、パーソナルカラーの4タイプのそれぞれの人数は、等しい数くらいいるはずなんですよね。

診断させてもらっていると、診断後にお渡ししている色見本手帳(スォッチ)が、だいたい同じ位の割合で減っていきますから、その事実が動かぬ証拠です。

 

 
カラー診断してくれるところは、今や沢山あふれるほど存在しています。

いろいろな情報や知識が交錯するなかで何を取捨選択するか?!は、自分自身です。

多くの選択を繰り返して今後の人生を決めていってるのですよね。

ちょっと大げさだと言われるかもしれませんが、「何を所有して、何を身につけるか」は自分の生き方を決めることに繋がります。

いい加減なものを身につけていたら、やっぱりそれなりの人にしか見てもらえません。

 
ここでいい加減なものとは、「決して値段が安い」ということではありません。

肝心なのは、安いものでも『自分に似合っているかいないか』です。

 

そんなに高くないもの、ブランドものでなくても、色とデザインが自分に似合うものであれば、それなりのものに見てもらえます。

 
例えばこんな事がよく起こる様になります。

「素敵なネックレスしてるね。どこのブランドの?!」と聞かれた。

でも実は1000円程度の安いネックレスだった。

「その辺で買った千円の安物ですよ」と正直に言ったら、「えーーっ!!それそんなに安いものだったの?!もっと高いモノだと思ってた!」

こんな風にちゃんと似合うものを意識して身につけるようになると、こんな会話が日常的によくかわされるようになるんですよね^^

貴女はそれでもまだ、いい加減なものを選択し続けますか?!

 

 

□■編集後記■□

最後までお読みいただき有難うございます。

暑い日はまだまだ続きそうですね。

夏バテや熱中症などで体調をくずさないように気をつけましょう~。

では次回をお楽しみに。

(前回のメルマガNo.31号のつづきの内容は次回に書きます。)

 

 

今日も最後までお読みいただき有難うございました。

■イメージコンサルティングはこんな貴女におススメです

・センスのある着こなしができるようになりたい
・自分に似合う化粧品の色が知りたい
・似合う髪型が知りたい
・人前に出る時や人が集まる華やかな場所ではずかしくない服装をしたい
・仕事ができる人に見られたい
・外見に自信を持ってセルフイメージをアップしたい
・いつまでも若々しくいたい
・とにかく第一印象を良くしたい

 

 

ー【COLOR通信】素人でも簡単に美しくなれる方法 ー
●発行者
イメージコンサルタント今井信子
●連絡先
harmostudio★gmail.com
(★は@にかえて下さい)
Copyright(C)Nobuko Imai All Rights Reserved.