2017/08/10

【COLOR通信-No.28-】パーソナルメイク 眉 道具編 vol.3

 

この記事を書いている人 - WRITER -

関西を中心に出張でイメージコンサルティングを行っております。
パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果から、貴女に似合うファッションをトータルでアドバイスし、貴女ならではの良さを引き出します。
⇒ 詳しいプロフィールはこちら

今井 信子

 

“何歳になっても自分らしくイキイキと輝いていたい”

そんな貴女に知って得する情報を惜しみなくお届けします!

 

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

 

いつも有難うございます。

イメージコンサルタント 今井です。

今年もよろしくお願いいたします。

 

パーソナルメイク 眉 道具編 vol.3

 

眉を自然に描くためには、どの道具を使うのが良いかという話題で3回に渡ってお伝えしてましたが、今回は最終号です。

残るはあとひとつ、ペンシルタイプですね。

 

ペンシルタイプのアイブロウ

 

結論から言うと、このペンシルタイプが一番自然に描けるアイテムなんですね。

眉というのは、良く見ると「毛」一本一本の集まりですよね。

ということは、眉って「立体的」なんです。

 

なので、色を塗りつぶすみたいに描くと不自然になってしまうことは避けられませんから、なるべく立体的に見えるように描けるアイテムを使う事をおすすめします。

 

ということで、結論から言うと今回のペンシルタイプが自然な眉に仕上げるのに、一番最適なアイテムということになります。

 

描き方は?

足りないなと思うところに一本一本足していくように、サッサッサと細かく手を動かして(力をぬいて)軽いタッチで、描き足していきましょう。

鏡と顔との距離も大切です。手鏡などの小さい鏡ではなく、顔全体が見えるような大きな鏡の前で少し離れて描く方がイイようです。

 

毛穴が見えるくらい接近して描いていると、離れて冷静に見た時にびっくりするくらい濃く描きすぎてしまっていることがよくありますし、左右で形が違っている事もありますから注意が必要です。

 

メイク全般に言えることですが、自分でちょっと物足りないかな?!

と思うくらいが、他人から見てちょうど良い程度のメイクなんです。

自分自身で「しっかり完璧にした!」って思うメイクは、他人の目にはかなり濃い~メイクに映っています。

何事もやりすぎには注意しましょうね。

 

貴女も真のナチュラルメイクで綺麗になれそうですか?

 

 

 

■イメージコンサルティングはこんな貴女におススメです

・センスのある着こなしができるようになりたい
・自分に似合う化粧品の色が知りたい
・似合う髪型が知りたい
・人前に出る時や人が集まる華やかな場所ではずかしくない服装をしたい
・仕事ができる人に見られたい
・外見に自信を持ってセルフイメージをアップしたい
・いつまでも若々しくいたい
・とにかく第一印象を良くしたい

 

 

ー【COLOR通信】素人でも簡単に美しくなれる方法 ー
●発行者
イメージコンサルタント今井信子
●連絡先
harmostudio★gmail.com
(★は@にかえて下さい)
Copyright(C)Nobuko Imai All Rights Reserved.