2017/05/11

【COLOR通信-No.21-】パーソナルカラー診断の条件

 

この記事を書いている人 - WRITER -

関西を中心に出張でイメージコンサルティングを行っております。
パーソナルカラーとパーソナルデザイン診断の結果から、貴女に似合うファッションをトータルでアドバイスし、貴女ならではの良さを引き出します。
⇒ 詳しいプロフィールはこちら

今井 信子

“何歳になっても自分らしくイキイキと輝いていたい”

そんな貴女に知って得する情報を惜しみなくお届けします!

 

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

 

いつもありがとうございます。

イメージコンサルタント今井です。

今年はすごく暑い日が続いてますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

では、本題に入りますね。

 

 

パーソナルカラー診断の条件
☆☆☆-----------

 

パーソナルカラー(以下PC)診断の際に必要な条件とは?というところでしたね。

正確な診断をするには、まず環境をキチンと整える必要があります。

順番にみていきましょう。

 

その1:自然光の入る明るい部屋か?!

暗い所や、ライト(電気)がついた部屋では、正確さを欠く可能性が高いです。

100%自然光の明かりで診断してこそ、その人の本来の顔色の変化を見ることができます。

 

その2:メイクはしていないか?!

メイクアップしていると、多かれ少なかれ、自分の肌の色を隠していることになります。

肌の色に合ったファンデーションを使っている人はそんなことないかもしれませんが、診断を受ける方がご自分の肌色にあったメイクをしているかどうか、その日初めてお会いするので分かりませんから、すべてのメイクを落としてスッピンの状態になっていただいて、診断をしています。

 

 

その3:毛染めはしているか?!

毛染めしていたら診断出来ませんという意味ではないですが、カラーリングをして髪の色を変えているかどうか、診断の前に必ず確認をとります。

本来の髪の色を知った上で、診断を始めます。

カラーリングや白髪染めをしてらっしゃる場合、髪の根元のところを確認して髪の色を見ます。

 

 

その4:前髪や顔周りの髪の毛が顔にかかっていないか?!

髪が顔にかかっていると顔色の変化が見ずらくなり、診断に支障をきたす場合がありますので、顔にかかる髪は留めるか縛るかしていただいてます。

 

 

その5:コンタクトをつけているかどうか?!

毛染めの時と同様、コンタクトをしていたら診断できないという意味ではありません。

コンタクトの種類が関係してきます。

カラーコンタクトや、黒目を大きく見せるタイプのコンタクトレンズをしている場合は、本来の目の色が分かりませんから、お取り頂いてます。

それ以外の普通のコンタクトレンズならつけたままで大丈夫です。

 

その6:アクセサリーをつけているか?!

顔周りに(ピアス、イヤリングなどの)アクセサリーをつけている場合は、これも診断に支障をきたす可能性がありますのでとっていただいてます。

 

その7:ドレープはキチンとしたものを使っているか?!

顔色の変化を診るのに、肝心のドレープがいい加減なものだと、当然正確な診断はできません。

色紙で代用したり、濁った色のドレープを使ったり、春、夏、秋、冬のPC理論にあてはまっていないドレープを使うコンサルタントは正確さを疑う必要があるかもしれません。

 

以上、7つの条件が必要になってきます。

以前カラー診断を受けたことがある方はどうでしたでしょうか?

これらの条件、整えられていましたか?

そして何より、診断結果に納得しているでしょうか?!

何度かPC診断を受けてみたけど、毎回違う結果だったという方が後をたちません。

条件をキチンと整え、PCの理論に忠実に診断するコンサルタントばかりなら、こんなことはないはずなんですけどね・・・

 

では次回、「本物のコンサルタントの見分け方」をお届けします。

お楽しみに!

 

 

 

 

 

今日も最後までお読みいただき有難うございました。

■イメージコンサルティングはこんな貴女におススメです

・センスのある着こなしができるようになりたい
・自分に似合う化粧品の色が知りたい
・似合う髪型が知りたい
・人前に出る時や人が集まる華やかな場所ではずかしくない服装をしたい
・仕事ができる人に見られたい
・外見に自信を持ってセルフイメージをアップしたい
・いつまでも若々しくいたい
・とにかく第一印象を良くしたい

 

 

ー【COLOR通信】素人でも簡単に美しくなれる方法 ー
●発行者
イメージコンサルタント今井信子
●連絡先
harmostudio★gmail.com
(★は@にかえて下さい)
Copyright(C)Nobuko Imai All Rights Reserved.